メガネスタイルNavi
■メガネスタイル > メガネの選び方

メガネの選び方

自分にぴったり似合うメガネを見付けるのはなかなか大変ですよね、特にフレームは素材やデザイン、カラーも様々で、どれが自分に似合っているのか試着していても分からなくなってきます。ある程度自分に似合うようなメガネを知ることで、頭の中を整理してからメガネの選び方を考えた方が効率的ですし、混乱も起こらないと思います。そこで、自分に似合うメガネの選び方を考えて見ましょう。

顔とメガネフレームの関係

メガネフレームの選び方には実はある法則があります。何でもそうですが、絶妙なバランスと言うものは黄金率に代表されるように、大まかな数値で決まっています。

メガネの幅

顔の幅とメガネの幅は1:1~0.9で、ほぼ同じと考えてください。若干メガネが小さくてもよいです。デザイン重視の選び方をしてしまい、メガネが大きすぎたり小さすぎたりすると、せっかくのデザインも台無しで、メガネをかけたときの顔の印象も良くないものになってしまいます。

メガネの形と眉のライン

メガネフレームの上端のラインが眉と接するか並行になっているのが理想の選び方です。眉頭はフレームと重なる位の方が良いでしょう。フレームと眉の間隔が開きすぎるとバランスが悪くなりますし、逆に眉とフレームがクロスしてしまうのもダメです。

メガネ(レンズ)の縦の幅

メガネ(レンズ)の縦の幅は、眉頭から顎の先端までの長さの3分の1が顔に似合うサイズで、鼻とほぼ1:1の同じ長さです。ただ、大きすぎるとメガネの下端のラインが鼻に近すぎて鼻が低く見えたり、だらしない印象になってしまいますので、選び方には注意しましょう。

フレームと目の関係

目が細い方はフレームの縦の幅が狭いものを選ぶと目が大きく感じられるので、バランスを崩さない程度に細身のフレームをセレクトする選び方にします。また、目の位置が近い方はフレームの外側にポイントとなるアクセントを、目の位置が離れている方はフレームの中心にポイントとなるアクセントがあるデザインのメガネの選び方をしましょう。

フレームと瞳の位置

瞳の位置は、瞳の中心がメガネ(レンズ)の中心より内側に3mm上側に3mm程度に収まるような選び方をします。

顔の形とフレームの選び方

当たり前ですが、皆さんの顔は人それぞれで同じ顔の人はいません。ですが、タイプは大まかに分けることが出来ると思います。そこで、いくつかの輪郭のタイプに分けてメガネの選び方を見ていきます。

丸顔の方のメガネの選び方

丸顔をシャープなイメージにするには、丸いフレームを選んではいけません。フレームの下端が目立たないものか、ナイロール(フレームの下端がないもの)を選ぶと良いでしょう。また、直線的なデザインの小ぶりなフレームもシャープな印象になります。

大きい顔の方のメガネの選び方

大きい顔を小さく見せるには、ボリューム感のある大きめのセルフレームを選ぶと良いでしょう。フレーム上端はストレートでリム幅の広いものを、フレームの縦の幅が大きくしっかりした、ちょっとゴツイかな? と思うくらいの物の方が似合うと思います。小ぶりなフレームは顔の大きさを目立たせてしまうので避けたほうが良いでしょう。

エラの張った顔の方のメガネの選び方

エラの張った四角顔の方は、丸みを帯びたフレームを選びましょう。四角いフレームだとエラを強調することになるので避けたほうが良いでしょう。

顎のとがった顔の方のメガネの選び方

顎がとがってキツそうなイメージの方は、ラウンドタイプのやわらかいラインのフレームを選ぶと良いでしょう。また、ふちなし(ツーポイント)やフレームカラーが目立たないメガネもお勧めです。フレームの縦の幅が大きいものだとメガネが主張しすぎるので避けたほうが良いです。

面長な顔の方のメガネの選び方

面長な顔を目立たなくするには、フレームの縦の幅が大きく丸みを帯びたタイプのフレームが良いでしょう。また、フレーム下端のみ(逆ナイロール)のタイプもお勧めです。フレーム下端が無い(ナイロール)タイプは目から下が長く見えてしまうためお勧めできません。


ページの先頭へ