メガネスタイルNavi
■メガネスタイル > メガネの素材

メガネの素材

一見シンプルに見えるメガネですが、よく見てみるとフレームだけでもかなりの数のパーツによって構成されています。ザッとあげてみると「レンズ」「リム」「ノーズパッド」「イヤーパッド」「ブリッジ」「智(ち)」「蝶番」「テンプル」「クリングス」一般的なメガネでもこれだけのパーツで構成され、それぞれのパーツはネジや接着、溶着によって取り付けられていて、精密な加工をされています。

メガネフレーム

最近のメガネフレームはデザインが豊富で、少量多種生産のものが多く素材もパーツによって様々です。各パーツの役割と素材をみてみましょう。

フレームパーツ・リム

リムはレンズを取り付けるフレームの中心的なパーツで、デザインによって素材や形状も様々です。しかし天然素材以外で必ず使われるものに「チタン」があります。チタンそのものをリムとする場合もありますし、チタンを心材にアセテートやセル素材を巻いたものなどがあります。その他にも竹やべっ甲、ナイロン糸など、まさにデザインの数だけリムの素材があるといっても過言ではありません。

フレームパーツ・テンプル

テンプルは、リムを支え、こめかみに固定するためのパーツで、「ツル」とも呼ばれます。直接肌に触れるパーツなので耐久性や弾力性が要求される部分です。ここでもやはり素材にはチタンが使われるのですが、βチタンと呼ばれる、より弾力性の高いチタン合金が使われることが多いパーツです。また、肌触りの面からアセテートやプラスチックが用いられる場合もあります。更には竹やべっ甲、七宝焼き等もあり、デザイン的にも重要なパーツです。

フレームパーツ・イヤーパッド

別名「モダン」とも呼ばれる耳に掛かる部分です。メガネのフィット感を調整するために柔軟性と弾力性が必要とされ、テンプルと一体になっていることから肌触りや耐腐食性も要求される、地味ですが重要なパーツです。テンプル同様、素材にはβチタンを心材にアセテートでコーティングされていることの多い部分です。最近ではスポーツ選手の間で人気のストレートタイプもあり、デザインの幅も広がってきています。

フレームパーツ・智(ち)

フレームとテンプルの結合部分で別名「ヨロイ」とも呼ばれています。メガネの着脱の際に最も力のかかる部分で、かなりの強度が要求されます。チタンなどの金属パーツの結合には溶着が用いられ、セルやプラスチックなどでは一体成型されています。また、最近ではデザイン性も重視されメガネ両端のアクセントにもなっています。

フレームパーツ・ブリッジ

リムとリムを連結するパーツで、智と同じように溶着されたり一体整形だったりします。ノーズパッドが無くブリッジで直接鼻にかけるタイプは「いち山」または「サドルブリッジ」と呼ばれていて、シンプルな印象を与えます。また、強度を高めるためにブリッジが2本あるタイプは「ツーブリッジ」「ダブルブリッジ」と呼ばれ、精悍なイメージです。小さなパーツですがメガネの中央にある為デザイン上重要なパーツです。

ノーズパッドとクリングス

ノーズパッドはメガネの中央で鼻を挟み込むようにメガネを固定させるパーツで、金属フレームの場合は、ノーズパッドを取り付けるクリングスという金具が使われます。セルフレームやプラスチックフレームの場合は一体整形されていることが多く調整が出来ません。一方クリングスを使って取り付けられたノーズパッドは調整が可能で、よりフィット感の優れたメガネになります。素材はプラスチックやシリコンが多く、ごくまれに金属が使われることもあります。

フレームパーツ・蝶番

ヒンジとも呼ばれ、テンプルと智の間に取り付けられていて、テンプルを折りたためるように加工されたパーツです。メガネの中で最も動く部分なので精密かつ丈夫に作られています。また、ネジが使われているため修理の頻度が高い部分でもあります。

レンズ

レンズにも、素材や形状によっていくつかのタイプがあります。現在最も多く使われているのはプラスチックレンズです。加工が容易で軽量に出来ることから人気があります。また、レンズの表面にはコーティング加工が施され、より快適な使い心地が研究されています。


ページの先頭へ