メガネスタイルNavi
■メガネスタイル > メガネの素材 > レンズのコーティング

レンズのコーティング

一見ただのガラスやプラスチックに見えるメガネのレンズですが、メガネレンズの表面や裏面には様々なコーティングが施されています。特にプラスチックレンズはキズの付きやすい素材ですから何重にもコーティングが施されています。

ハードコート

レンズ表面に傷が付きにくくするためのコーティングで、現在のプラスチックレンズには100%ハードコートが施されています。コーティング材の原料にはシリコン系の熱硬化樹脂が使われます。以前はレンズとコーティングの原料が違う性質のものを使っていたため、温度変化などにより、コーティング面のひび割れやコーティングが剥がれるといった現象がありましたが、最近のナノテクノロジー(超微細技術)により改善されています。

衝撃吸収コート

レンズとハードコートの間に、衝撃吸収を目的としたコーティングが施されることがあります。ツーポイント(フチナシ)のメガネや、ナイロール(半フチナシ)のメガネはレンズそのものがフレームの一部となるため、より衝撃吸収性の高いレンズが求められます。そこで衝撃吸収コートのレンズが必要となってくるのです。近年のナノテクノロジーの進歩により、ハードコートに多少キズが付いても剥がれたりしない工夫がされています。別名プライマコートとも呼ばれます。

反射防止コート

マルチコートとも呼ばれ、文字通り光の反射を防いで、物を見やすくするコーティングで、ハードコートの上にコーティングされます。一般的にマルチコートには無機質の素材が使われ、レンズには有機質の素材がつかわれます。そうすると熱膨張率の違う素材を組み合わせることになり、クラックや剥がれの原因になるのですが、最近ではマルチコートにも有機質の素材を使いクラックや剥がれを起こさないコーティングのメガネレンズが開発されています。また、ナノテクノロジーによってより均質なコーティングが出来るようになり、眩しさを1%以下まで抑えられるメガネレンズもあります。

防汚コート

メガネレンズの表面は水滴や、汚れによって常に拭かれています。この拭き取り行為がメガネレンズのコーティングをキズつけているのです。と言うことは、汚れや水滴が簡単に拭き取れればコーティングをキズつけることはありません。以上のような理由で撥水性や撥油性に優れたフッ素化合物のコーティングが開発され、今では一般化しています。

紫外線カット

近年、紫外線の有害さが取りざたされていますが、メガネにも同じことが言えます。せっかくメガネをかけるのですから、いっそのこと紫外線もカットしようと言うものです。コーティングしなくてもレンズ自体にUVカットの性質がありますが、コーティングすることで更に効果的に紫外線カットが出来ます。最近のほとんどのレンズには紫外線カットのコーティングがされています。

防曇コート

プラスチックは温度差によってメガネのレンズが結露しやすい性質をもっています。この結露がメガネを曇らせる原因になっています。レンズ表面に親水性の高いコーティングをすることで、この結露を防ぐことが出来ます。ただ、他のコーティングと併用することが出来ない場合があるので、どちらを優先するかはメガネユーザーの使い方で決まって来ます。

超硬ハードコート

近年のナノテクノロジーの進歩により、ガラスはもちろんコンクリートよりも硬いコーティングのメガネレンズが出てきています。もはやプラスチックレンズはキズが付きやすいというのは、過去の事となってきています。

ハーフミラーコーティング

ちょっとお洒落を楽しみたい方には、表面にハーフミラーコーティングをしたメガネレンズがお勧めです。完全にミラーコーティングするのではなく、目の表情がわかる程度に透けて見えるハーフミラーコーティングは、ちょっとセレブな雰囲気を表現できます。ただ表面には従来のコーティングが出来ないので、裏面に従来のコーティングが施されます。


ページの先頭へ