メガネスタイルNavi
■メガネスタイル > パソコンメガネ > ブルーライトって?

ブルーライトって?

パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器を当たり前のように使う現代、よく「ブルーライト」という言葉を見聞きしますね。目に悪影響を与えるとも言われていますが、一体ブルーライトとは、どんなものなのでしょうか?その正体を探っていくことにしましょう。

LEDに多く含まれるブルーライト

LEDライト

可視光線(電磁波で人の目に見える光)のうち、380~495ナノメートルの青色光のことを「ブルーライト」と言います。
パソコンやスマートフォンといった日常的に使うアイテムからもたくさん出ています。これは、可視光線の中でも一番波長が短いうえエネルギーが高くて、角膜や水晶体に吸収されることなく、網膜にまで達してしまいます。
近年の節電対策などによって広く知られるようになったLED(発光ダイオード)製品には、普通のデジタル製品よりも多く含まれています。
パソコンやスマートフォンにもLEDが用いられているため、こういった機器を長時間使う人は、必然的にブルーライトの影響を受けることになってしまうのです。

睡眠を妨げる

寝ている女性

デジタル機器を長時間使うと、そこから発生するブルーライトによって目の疲れを引き起こします。
そればかりか体内時計を狂わせて、不眠へとつながっていくこともあるので注意が必要です。
健康や睡眠に影響を及ぼすブルーライト…最近、どうも眠れなくて悩んでいる人は、もしかするとそれが原因かもしれませんよ。夜寝る直前までパソコンやスマートフォンをいじっていると、ブルーライトによって睡眠を促すホルモン「メラトニン」の分泌が抑えられ、神経が興奮状態になってしまうので睡眠を妨げることになります。

心にも悪影響を及ぼす

ブルーライトによって生体リズムが崩れて不眠を引き起こすと、当然のことながら心にも悪影響を及ぼします。興奮状態になるほかにも、人によってイライラしたり、気分が落ち込んだりする場合もあるようです。また、夜に十分な睡眠が取れないため、日中の作業効率が低下したり、そのこと自体がストレスになったりします。

寝る前には目を休めることが大切

アロマキャンドル

できれば寝る30分くらい前には、パソコンやスマートフォンの画面を見るのを止めて、目を休めたほうが良いでしょう。アロマキャンドルを焚いたり、軽いストレッチをしたりしてからベッドに入ると脳の緊張が和らぎ、安眠できるはずです。もし寝る直前までデジタル機器を使わなければならない場合は、パソコンメガネなどブルーライトをカットするアイテムを上手に利用して目を守りましょう。

加齢黄斑変性になる可能性も!?

目のイラスト

目が疲れる、ちょっとした光がまぶしい、視界がチラつく…
日頃からこんなふうに目の不調を感じている人も多いのではないでしょうか。デジタル機器によるブルーライトの影響が注目されるようになり、自分の目はどうなのか不安に思っている人もいると思います。
目の不調を感じていながらも放置していると、視界の真ん中部分が歪んでしまう加齢黄斑変性になってしまうことも…。

どんな病気?

加齢黄斑変性は、「黄斑」と呼ばれる網膜の真ん中部分に障害が生じて、見ようとするところが見えにくくなる病気です。視力低下だけではなく、モノがゆがんで見えたり、真ん中部分が見えにくくなったりします。黄斑に障害が起こってもその周りは正常なので、視野の中心以外は普通に見える…これが加齢黄斑変性の特徴と言えます。欧米では、65歳以上の人が失明する原因の第1位にも挙げられていて、高齢者がかかりやすい病気と考えられていますが、ブルーライトの影響で若い人にも発症する可能性があるため、十分に注意しなければなりません。日本でも近年、患者数が増加していると言われています。


ページの先頭へ