メガネスタイルNavi
■メガネスタイル > パソコンメガネ > パソコンメガネの効果

パソコンメガネの効果

巷で話題のパソコンメガネですが、使うことでどんな効果があらわれるのでしょうか?デジタル機器の使用による悪影響から、目を守ることができると考えられています。眼精疲労をはじめ、そこから来る肩こりや腰痛などの改善にも役立ちます。パソコンメガネをかけて、少しでも目や体の不調を和らげるようにしましょう。

眼精疲労

眼精疲労

様々な研究によって、紫外線が目に与える影響というのは認められています。
【ブルーライトって?】でも述べているように、パソコン作業などをしていて眼精疲労を感じていながら放置していると加齢黄斑変性という病気を招く可能性があるため、十分な注意しなければなりません。
私たち人間の目は元々、"モノを長時間見る"ことには向いていないとされています。
そのため、パソコンやスマートフォンを長い時間使うことで、眼精疲労を訴える人が多くいるのです。
目の疲れ、ぼやける、かすみ目、目の痛み、充血、目が重い、ショボショボする、まぶしい、涙目になる…など、様々な症状が見られます。

対処法

目薬

これらの症状があるときは、市販の目薬を使ってみても良いですし、場合によっては眼科を受診しても良いでしょう。
程度によって対処法は変わってきますが、選択肢の一つとしてパソコンメガネがあることも覚えておいてくださいね。


肩こり

肩こり

眼精疲労は、さらに肩こりなど体の不調の引き金になることもあります。
特にデスクワークが多い人は猫背になりがち。姿勢が悪いまま、パソコン作業をしたりテレビを観たり、スマートフォンをいじったりすると、目への大きな負担になるだけでなく、肩こりなども起きてしまいます。
また、肩こりだけではなく、全身の倦怠感に繋がっていくことも…。
目の疲れから来ている肩こりであれば、PCメガネで目の負担を軽減してあげると、自然に肩こりも和らいでいくでしょう。

対処法

目薬

PCメガネを使うほか、簡単なストレッチを行うことで効果が倍増します。両手で肩を軽くつまみましょう。
右手は右肩、左は左肩を親指と人差し指でつまみます。その状態で肩を大きくゆっくり回しましょう。
前後1分ずつ行います。毎日続けてみてください。ストレッチを始めて、1ヵ月後くらいには肩こりが和らいだことを実感できるはずです。

腰痛

腰痛

肩はまだ目との距離が近いので、疲れ目が凝りの原因となることも分かりますが、腰痛が目のせいだと思っている人は少ないかもしれませんね。
けれど、目の疲れは脳を通じて、骨盤を緊張状態にさせると考えられています。それが、腰痛の一因になります。
疲れ目が原因で腰痛が起きていると思われる場合は、パソコンメガネが有効です。
メガネをかけることで、腰痛が軽減されるのは何だか不思議ですが、試してみることをオススメします。

対処法

目薬

肩こりと同じように、パソコンメガネを使っただけでは腰痛は和らぎません。腰が重いと感じたら、ストレッチで腰の筋肉をほぐしましょう。
椅子に座って両足を腰幅に広げ、上体を右にひねります。左手で右の太ももの外側をつかみ、体をさらに右に捻りましょう。
この時に足が内側に入らないように注意してください。左側の腰周りが伸びているのを感じたところで30秒キープ。反対側の腰も同様にストレッチします。これも毎日続けることがポイントです。


ページの先頭へ