メガネスタイルNavi
■メガネスタイル > 屈折異常

屈折異常(調節異常)

一般的に「目が悪くなる」とは、網膜に正常な光(映像)が投射されなくなることで、その原因は水晶体の光の屈折異常(調節異常)または網膜までの距離(眼軸長)の変化にあるとされています。屈折異常には近視、遠視、乱視、老眼(老視)があります。

近視の屈折異常

近視の屈折異常は、角膜から水晶体へ光が通り網膜の前で焦点が合ってしまい、映像がボヤケて見える現象です。つまり、遠くのものが見えにくくなる事です。矯正には凹レンズのメガネやコンタクトレンズが有効です。近視の屈折異常の原因は、はっきりとは分かっていません。遺伝説、ゲームやパソコンなど一点を見続けることで毛様体が凝固してしまう説、眼球その物の変形説とありますが、本当のところは分かっていません。

遠視の屈折異常

遠視の屈折異常は、角膜から水晶体へ光が通り網膜の奥に焦点が合ってしまい、映像がボヤケて見える現象です。つまり、近くのものが見えにくくなる事です。矯正には凸レンズのメガネやコンタクトレンズが有効です。人は生まれてきたときには皆、遠視だとされていて、生まれてきた時の遠視の強さによって、近視になる確率も決まって来るという考えもあります。10歳代で遠視であっても、極端にひどくなければ自覚症状はほとんど無い場合が多く、その頃から近視が始まり、遠視が自然と矯正されていくと考えられています。

乱視の屈折異常

乱視の屈折異常は、角膜の変形により焦点が2箇所以上に分かれてしまい、映像がボヤケて見える現象です。正乱視と不正乱視があり、正乱視は2箇所で焦点が合う状態で、不正乱視はどこにも焦点が合わない状態を指します。一般的に乱視と言えば、正乱視を指します。矯正には円柱レンズのメガネやコンタクトレンズを使います。不正乱視はメガネでの矯正ができないためコンタクトレンズを使います。また、乱視だけの人はあまりおらず、近視、遠視、老眼のいずれかと組み合わされた症状が出るため、円柱レンズと凸レンズや凹レンズの機能の組み合わせで使われます。

老眼の調節異常

老眼は加齢とともに水晶体が硬くなり、水晶体の調節が上手くいかなくなり起こることから屈折異常ではなく調節異常とされています。症状は遠視と似ていますが、メカニズムが違うことからまったくの別物として扱われています。おおむね40歳代から始まり65歳位に進行が止まります。矯正には遠視と同じ凸レンズが使われます。正式には老視と呼ばれ、近視との併発も起こることから遠近両用のメガネが必要な場合もあります。

目の構造

私たちの目は表面の「角膜」、レンズの働きをする「水晶体」、水晶体を調節する筋肉の「毛様体」、光を受けて像を結ぶ「網膜」、網膜からの信号を伝える「視神経」からなっています。

角膜

角膜は目の表面を、厚さ約0.6ミリで覆う透明な膜で、目から入った光を屈折させる凸レンズの役割をしています。角膜表面は常に涙が流れ、涙は酸素や栄養分の供給をしています。角膜には血管が無いため、涙の分泌は重要です。

水晶体

水晶体は角膜の下で光を受ける部分で、厚さは約4ミリ、直径約9ミリの無色透明な組織です。角膜で屈折された光を更に凸レンズの形状によって屈折し、光を網膜に送ります。伸縮性があり、毛様体の動きによって近くを見るときは厚く、遠くを見るときは薄くなり、ピントの調節をします。水晶体の疾患に白内障があります。

毛様体

毛様体小帯(チン小帯)とともに水晶体を支え、水晶体の調節をする微細な筋肉です。

網膜

網膜は目の一番奥にあり、厚さ約0.3ミリ直径約40ミリの神経細胞膜で、光の強さ、色、形などの映像を、光受容体を通して神経信号に変換する働きをしています。

視神経

網膜で変換された映像信号を脳に伝える神経繊維で、脳幹へつながっています。網膜と視神経の接合部分は光受容体が無いため、盲点となります。


ページの先頭へ