メガネスタイルNavi
■メガネスタイル > 屈折異常 > 遠視

遠視

近視のページにも書きましたが、私たちは生まれてきたときは皆遠視です。それが網膜の発育とともに近視状態に近づいていき、やがて、正確にものを見ることが出来るようになります。しかし、中には先天性の遠視や、斜視によって物をはっきり見ることができない場合があります。

目の発育過程

私たちの目は生まれて間もない頃は光を感じる程度の能力しかありません。成長とともに光の刺激を受けた網膜が、成長しながら視力が芽生えてきます。やがて網膜が大きくなるとともに視界もはっきりとしてきて、遠視から正常視になるのです。この発育段階で遠視の症状が治らないと弱視の原因になります。

遠視の症状

遠視を、近視の逆だと思われている方も多いと思いますが、まったく違います。近視は遠いものにピントが合わない症状ですが、遠視は遠くも近くもピントが合せづらい症状を指します。しかし子供の水晶体は柔軟で、毛様体も活発に動くことから検査でもなかなか見つからないことがありますので、日常生活で子供の行動に注意してみましょう。物を見るときに寄り目になったり、お絵かきや本を読んでいる時などの細かい作業で集中力が続かないなどの場合は要注意です。

遠視かな? と思ったら

子供の遠視は放って置くと近視よりもやっかいなことになります。出来るだけ早い段階での適切な対応が必要ですので、まず眼科医に相談しましょう。そして、遠視の疑いがあることを伝え、適切な検査をしてもらう必要があります。早い段階で見つけることが出来ればほとんどの遠視は治せます。放置すると弱視となりその後なおる見込みはありません。


遠視の種類

遠視には幾つか種類があります。

屈折性遠視

水晶体の屈折力を調節する毛様体が上手く機能せず、網膜の後ろに焦点が合ってしまう遠視です。

軸性遠視

網膜の発育が悪く、水晶体から網膜までの距離が短すぎるため、網膜の後ろに焦点が合ってしまう遠視です。

不同視弱視

遠視の程度が左右違う症状で、遠視の強いほうの目が弱視になります。

遠視性乱視

遠視と乱視が同時に起こる症状です。

遠視と診断されたら

メガネでの治療(矯正)が最も簡単で安全です。子供も最初は嫌がるかもしれませんが、慣れてくればめがねを掛けているほうが疲れないことに気付き、嫌がることも無くなるでしょう。メガネを掛けずに放置すると網膜の信号が脳に伝わらず、見る力が育たないことになり、最悪の場合は弱視になってしまいます。視力の発達は通常6歳までで、出来るだけ早い段階での治療が必要です。

遠視の治療と訓練

子供の遠視には適切な検査、信頼の置ける医師の元での視能訓練(しのうくんれん)、メガネへの順応が必要です。

遠視の検査

遠視の検査、特に子供の遠視の検査は普通に行なっても発見しにくい物です。ほとんどの場合は毛様体の働きを一時的に麻痺させる目薬を使います。ですので、専門医のいる病院へ行かなくてはなりません。

視能訓練

検査が終わり、遠視と認定されれば視能訓練が行なわれます。視能訓練は専門の視能訓練士が行なうもので、民間の視力トレーニングとは違い医師の指示の元、適切なプログラムと検査を平行して行っていきます。具体的な例を挙げると悪いほうの目だけで物を見るベナリゼーションがあります。大抵の子供は嫌がりますが、近視と違いマンガやゲームをしても大丈夫なので有効に使って行ないます。

費用について

平成18年4月から9歳未満の子供については、屈折異常の矯正用メガネと治療用コンタクトレンズに、一部を除き保険の適用が認められました。近視のメガネやコンタクトレンズは適用外ですが、詳しくは医師や保険事務所にお尋ねください。


ページの先頭へ