メガネスタイルNavi
■メガネスタイル > 屈折異常 > 近視

近視

近視には水晶体の動きを調節する毛様体が過度に動くことで起こる近視と、網膜の位置が後方に伸びることで眼軸長が変わるために起こる近視に分類されます。いずれも網膜の前に焦点が合う屈折異常の近視となることから視力矯正が必要です。

生まれたときは誰もが遠視?

生まれて間もない赤ちゃんは遠視なのだそうです。そして成長していくにしたがって網膜が後方に伸びていき近視の傾向が出てきます。つまり子供のときの遠視が強ければ成長にしたがって視力もちょうど良くなっていき、子供のときに遠視が弱ければ成長にしたがって近視が強くなっていきます。先天的な遠視は遺伝の影響が多分に含まれていますが、その後の近視化は生活環境によるところが大きいとされています。

近視の種類

近視は大きく分けて3つに分類されます

屈折異常による近視

水晶体が何らかの原因で機能しなくなり近視状態のまま固まってしまった近視です。

網膜の後退による近視

網膜が成長とともに後退し、水晶体が網膜の後退に合せることができなくなり起こる近視です。遺伝による影響が最も大きいとされていて、ほとんどの近視はこれです。

仮性近視

テレビやゲームなど、ある一点に長時間にわたって焦点を合わせ続けると、毛様体の緊張が固定され一時的に近視の状態になってしまうことです。目を休めれば直るため、屈折異常の近視や網膜の後退による近視とは分けて考えられています。また、仮性近視の状態を長く続けると真正の近視になると思われがちですが、目の使いすぎによる近視は科学的には実証されていません。

近視の数値

近視を数値化するときに用いられる単位にD(ディオプター)があります。0が正常な値で、マイナスは近視、プラスは遠視です。-3D未満は軽度の近視、-3D~-6Dは中程度の近視、-6D以上は強度の近視です。

近視の矯正法

一般的にはメガネやコンタクトレンズによる矯正で対処しますが、医療の進歩により角膜を薄くする医療行為による矯正や、角膜の形状その物を矯正する方法も普及しつつあります。

メガネやコンタクトレンズによる矯正

凹レンズのメガネやコンタクトレンズにより焦点を延ばしてやることによって視力矯正を行います。

角膜を薄くする矯正

角膜を薄くするには幾つか治療法があります。最近もっとも注目されているのはレーシック(Lasik)治療法で、品川のクリニックが特に有名です。

レーシック治療法

レーシック治療法

角膜の表面を一部残して削り、ふた状にします。ふたをめくりその下をレーザーによって削り凸レンズ状にする方法です。入院の必要も無く2日で全ての作業が終わるため、最近注目を集めています。品川のクリニックが有名です。欠点は、まだ開発されて日が浅いことから長期にわたる検証が不十分なことと、暗いところでは瞳孔が開き2重に物が見えることです。

RK治療法

角膜を切開し、薄くする方法です。眼球が破裂する恐れがあるため、現在はほとんど行なわれていません。

PRK治療法

レーザーによって角膜表面を薄くする方法です。レーシック法の元になったものです。 以上の方法は医療行為による視力矯正なので飛行機のパイロットにはなれません。

角膜の形状を矯正する

角膜の形状を矯正させて視力の回復を図る方法が最近開発されました。オルソケラトロジー(Ortho keratology)と言い、略してオルソケー(Ortho-K)ともいわれています。睡眠中に酸素透過性の高いハードコンタクトレンズをコルセットのように角膜に装着し、角膜の形状を矯正します。矯正を続けることによってコンタクトレンズをはずした後も、角膜が矯正された形状を維持し、視力が裸眼でも維持されます。医療行為を必要としないので航空機のパイロットにもなれます。

近視の原因

近視の原因は科学的にはまだ解明されていませんが、色々な説があります。

遺伝による近視

現在もっとも有力だとされているもので、近視の原因とみられる遺伝子も特定されています。網膜の形(眼軸長)が遺伝的に長いことが原因とされています。

環境による近視

一般的にはこちらの方が支持されているようです。テレビやパソコンの普及により一点に焦点を集中し続けることで、仮性近視が慢性化し真正近視になると考えられています。

栄養と近視の関係

成長期にパンなどの炭水化物の摂りすぎで、インシュリンの値が上がり近視の原因となるとする説です。

照明による近視

睡眠中に照明をつけたまま寝ることで、網膜が休めなくなり近視になるとする説です。


ページの先頭へ