メガネスタイルNavi
■メガネスタイル > 屈折異常 > 老眼

老眼

遠視と混同されがちな老眼ですが、そのメカニズムはまったく違います。遠視は水晶体から網膜までの距離が短いために起こるのが一般的で、屈折異常とされています。これに対して老眼は(正式には老視と言います)水晶体その物の調節が加齢によって上手くできなくなる調節異常です。ですから、その対処法も違ってきます。

老眼のメカニズム

老眼は水晶体の弾力が無くなり硬くなってしまうことにより、水晶体を調節する毛様体の動きが上手く伝わらなくなることで、焦点の調節が出来なくなり起こる調節異常です。人の目は10歳を過ぎた頃から衰え始め40歳を過ぎると目の衰えは顕著になり、65歳くらいでほぼ衰えはおさまり、それ以上老眼が進行することはありません。

よくある老眼の勘違い

よく勘違いされることですが、毛様体を鍛えても、水晶体の硬化が改善されなければ、老眼は良くなりません。つまり現代の医学では治療できないのが実情です。ただ、矯正することでそれほど不自由はしませんので悲観することはありません、老眼と上手に付き合っていけば良いのです。

老眼のメガネ

老眼には遠視と同じ凸レンズのメガネによる矯正が必要です。無理をして老眼鏡を使わずに我慢することは、あまり賢い選択とはいえません。むしろ老眼用のメガネを使わないために起こる、肩こりや頭痛などの体調不良を増長することになり、他の治療の心配が出てきます。最悪の場合白内障や緑内障を起こしかねません。健康のためにも老眼と上手に付き合っていくことを考えましょう。また、老眼の初期と中期、終盤では見え方も変わってきますので、メガネを作り直す必要があります。その時々で自分にあったものを用意しましょう。

老眼のメガネ・選び方

老眼のメガネを選ぶときにまず決めておかなければいけないのが、「何を見たいか」と言うことです。細かい作業をするときに使うメガネとスポーツをするときに使うメガネはまったく違うものと考えてください。目的が違えばメガネも違ってきます。また、近視をお持ちの方は遠近両用のメガネが必要になることも考えられます。遠近両用にも幾つか種類がありますので、医師やメガネ屋さんとよく相談して決めましょう。

コンタクトレンズによる矯正

老眼用のメガネにどうしても抵抗があるのでしたら、コンタクトレンズの使用をお勧めします。ハードタイプ、ソフトタイプ、遠近両用と色々ありますので自分にあったコンタクトレンズを探して見ましょう。お試し期間のあるものを使ってみて、自分に合いそうなものを選ぶようにしてください。

老眼の予防

老眼は水晶体の硬化が原因です。ですから水晶体が固まらないように、普段から動かしてあげると老眼の予防が期待できます。

水晶体のトレーニング

まず、出来るだけ目の近い所(20cm位)に目標を定めます。次に出来るだけ遠くの目標(遠ければ遠いほどよい)を見ます。これを40回~50回繰り返します。これを1日4~5セット行ないます。毎日続けると効果が期待できます。

目の体操

目をぎゅっとつぶります。1~2秒後に目を開け、顔は動かさずに瞳だけをぐるぐる回します。1時間おきに体操すると効果が期待できます。

老眼のウソ? ホント!

近視の人は老眼になりにくい? これはウソです。近視の人は元々焦点が近いため老眼になっても気付きにくいだけで、近視ではない人は老眼になると気付きやすいだけです。 ブルーベリーを食べると老眼にならない? これはウソではありませんが… 科学的には証明されていません。しかし経験的には効果があるようです。 レーシックをすると老眼になりやすい? これはウソとは言い切れません。レーシックが開発されてから、まだ長期的な検証が行なわれていないため実証できていないのが実情です。しかし理論的にはウソといえます。 トリックアートが見えない? これはホントです。水晶体の調節が出来ないため、焦点の調節もできなくなり、トリックアートも見えずらくなります。


ページの先頭へ